読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

18卒理系就活生のブログ

今年中にあと100回更新しまーす(9/6から)

人間らしい仕事を

仕事観 テクノロジー

 

これから10〜20年で、今ある仕事の半分は機械によって自動化されるという推定があります。例えば自動運転車の実現により、トラックやタクシーの運転手は職を失う可能性があるといったように。

この傾向を否定的に見る人もいます。たしかに単純に考えると人が機械に仕事を奪われるような感覚ですから、それは仕方のないことかもしれません。

ですが、自動化可能な仕事はどんどん自動化していくべきだと自分は考えます。機械で代替できる仕事は機械に任せて、人間は人間らしい仕事をするべきだと思うからです。自動改札機ができる前は、切符に穴を開ける仕事がありました(今でも自動改札機を導入していない所ではあります)。ですが機械に任せてしまえば、そんな単純な仕事はする必要がなくなり、もっとクリエイティブなことができるようになるのです。

それに、半分の仕事がなくなるというのは今ある仕事に対してであって、代わりの新たな雇用が生まれるのは必然的だと思います。実際にあらゆる仕事が自動化している今も、プログラマーの需要は増えていっています。

就職先としても、機械に代替される可能性の低いスキルが身につくような仕事ができたらいいなと思っています。